So-net無料ブログ作成
検索選択

<水質汚濁>基準超す廃液流した疑い、会社社長逮捕 千葉(毎日新聞)

 排水基準の180倍の鉛や3倍のカドミウムを含む工場廃液を東京湾に流したとして、千葉海上保安部は11日、千葉県市川市千鳥町、廃バッテリー処理会社「市川精錬所」社長、吉田茂容疑者(63)を水質汚濁防止法違反容疑で逮捕した。保安部によると、「知りません」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、1月13日〜2月17日に計26回、精錬所の排水口から東京湾につながる側溝に、排水基準を超す有害物質を含む排水を流したとしている。

 市川市によると、同社は自動車の使用済みバッテリーを解体し、鉛を精錬して販売していた。2月9日に行った排水調査で、基準を超えていたため市は改善を勧告。同社は「廃液を中和・ろ過する処理施設を修理する」と答えたという。東京湾沿岸の住民の健康被害は報告されていない。【荻野公一】

【関連ニュース
有害化学物質:鳥取の採石場でPCB流出確認 汚染拡大の恐れ低く−−県調査 /鳥取
汚水流出:下水管が破裂し、河川に−−恵那 /岐阜

聴取対象の男性が自殺=横須賀の民家殺害事件−神奈川県警(時事通信)
<殺人未遂容疑>交際男性の胸刺す 45歳女を逮捕 東京(毎日新聞)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
パロマ中毒死 11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
もんじゅ 炉心確認試験、5時間遅れで終了(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。